相談すべきケース

交通事故被害者になった時にはいずれ示談をすることになりますが、それぞれのケースで示談金も異なっています。中には高額になるのが予想されるようなケースがあります。そういった場合には弁護士に相談をした方がいいといえます。弁護士に依頼をして着手金や報酬などを支払っても、依頼しない場合よりもはるかに高額の示談金を受け取れるような場合は積極的に依頼をした方がいいといえます。実際にはどういった場合に相談をした方がいいのでしょうか。

むち打ち交通事故に遭って後遺障害認定がなされるような場合、示談金も高額になる傾向にあります。特に12級程度以上になると多くのケースで高額になるため、弁護士に代理人になってもらった方がメリットがあります。こんな場合には弁護士に相談をすることをおすすめします

相談をする中で弁護士に代理人になってもらい、相手方の保険会社と交渉を依頼するほうがいいとアドバイスされることもあります。ただ後遺障害認定された場合でも14級などになると、弁護士に依頼をすることで最終的に受け取れる示談金が低くなる場合もあります。そのためすべての後遺障害のケースで弁護士に依頼をした方がいいとは言えないものです。まずは一度弁護士に相談をしてその後にどうしたらいいのかを検討するといいでしょう。