弁護士特約について

道路最近の自動車保険については弁護士特約がつけられるようになっているものが多いといえます。これは弁護士への相談料、また着手金や報酬などについて、限度額内で加入している保険会社が支払ってくれるというものです。交通事故のケースによってはこの弁護士特約を使うことができるものもあります。この場合には自費で相談料を支払う必要がないので、積極的に相談をするといいでしょう。また相談時に訴訟を起こした方が示談金が上がると言われる場合もあります。訴訟になった場合にも限度額内で着手金や報酬の支払いがないため、その金額について不安を抱くことがありません。

通常弁護士に相談をする場合、30分当たり1万円などの料金設定になっている弁護士事務所が多いものです。しかし弁護士特約に入っていれば、相談時間が長くなっても自費で払う必要がないので、じっくりと弁護士に相談することができます。この弁護士特約を使うためにはあらかじめ任意保険に加入する際に、弁護士特約を付けておく必要があります。また弁護士特約が使えるかどうか保険会社に相談をする必要があります。もしも弁護士特約が使える場合には、相談料を気にすることなく安心して弁護士に相談をすることをおすすめします。