Monthly Archives: 1月 2018

弁護士特約について

道路最近の自動車保険については弁護士特約がつけられるようになっているものが多いといえます。これは弁護士への相談料、また着手金や報酬などについて、限度額内で加入している保険会社が支払ってくれるというものです。交通事故のケースによってはこの弁護士特約を使うことができるものもあります。この場合には自費で相談料を支払う必要がないので、積極的に相談をするといいでしょう。また相談時に訴訟を起こした方が示談金が上がると言われる場合もあります。訴訟になった場合にも限度額内で着手金や報酬の支払いがないため、その金額について不安を抱くことがありません。

通常弁護士に相談をする場合、30分当たり1万円などの料金設定になっている弁護士事務所が多いものです。しかし弁護士特約に入っていれば、相談時間が長くなっても自費で払う必要がないので、じっくりと弁護士に相談することができます。この弁護士特約を使うためにはあらかじめ任意保険に加入する際に、弁護士特約を付けておく必要があります。また弁護士特約が使えるかどうか保険会社に相談をする必要があります。もしも弁護士特約が使える場合には、相談料を気にすることなく安心して弁護士に相談をすることをおすすめします。

相談すべきケース

交通事故被害者になった時にはいずれ示談をすることになりますが、それぞれのケースで示談金も異なっています。中には高額になるのが予想されるようなケースがあります。そういった場合には弁護士に相談をした方がいいといえます。弁護士に依頼をして着手金や報酬などを支払っても、依頼しない場合よりもはるかに高額の示談金を受け取れるような場合は積極的に依頼をした方がいいといえます。実際にはどういった場合に相談をした方がいいのでしょうか。

むち打ち交通事故に遭って後遺障害認定がなされるような場合、示談金も高額になる傾向にあります。特に12級程度以上になると多くのケースで高額になるため、弁護士に代理人になってもらった方がメリットがあります。こんな場合には弁護士に相談をすることをおすすめします

相談をする中で弁護士に代理人になってもらい、相手方の保険会社と交渉を依頼するほうがいいとアドバイスされることもあります。ただ後遺障害認定された場合でも14級などになると、弁護士に依頼をすることで最終的に受け取れる示談金が低くなる場合もあります。そのためすべての後遺障害のケースで弁護士に依頼をした方がいいとは言えないものです。まずは一度弁護士に相談をしてその後にどうしたらいいのかを検討するといいでしょう。

初回無料を利用

弁護士交通事故に遭うことは人生の中で多くはないものです。そのため知識がない方も多く、実際に交通事故被害者になった時にはどうしたらいいのかわからないことも多いものです。特に慰謝料などの金額などについては特に難しく感じられます。しかし示談の際には慰謝料の請求について正当な金額を提示することが必要になります。知識がないために本来受け取るはずの金額よりもはるかに低額の示談金になってしまうケースも多くあるものだからです。ただそれでも自分だけではどのようにしたらいいのかわからない時は弁護士に相談をする方法もあります。

弁護士の中には交通事故に精通した方も多くおり、そのため交通事故慰謝料に関する相談をすることができます。訴訟を考えている方しか弁護士に相談できないと思っている方もいますが、どんなことでも相談できるものです。ただ弁護士に相談をしたり、また弁護士に代理人になってもらったりする場合には費用が掛かります。多くの弁護士事務所では初回の相談料が無料になっているところもあります

そのためそういった弁護士事務所でまず交通事故の相談をし、今後にどのようにするのか、またアドバイスをもらってみるのもいいでしょう。また弁護士に今後依頼をした場合の金額についても聞いてみることをおすすめします。それによって依頼をした場合の金額などをあらかじめ把握できますし、依頼をするかどうかが冷静に判断できます。

交通事故相談

電卓交通事故被害者になった時には事故による痛みがあるため、精神的にとても苦痛を強いられてしまいます。しかしそんな状況でも示談交渉を相手方の保険会社としなければなりません。示談交渉は難しいことが多く、どのように考えていいのか一般の交通事故被害者にとってはわからないものです。そのため本来受け取るべき示談金よりもはるかに低額の金額を最終的に受け取るようなケースも多くあるものです。交通事故被害者は必要な知識を持って示談に臨む必要がありますが、難しい場合には専門のプロである弁護士に相談をするのも1つの賢い方法でもあります。

弁護士に相談をすれば適切な回答をしてくれますし、どのように行動したらいいのかを教えてくれます。また弁護士に代理人になってもらい相手方の保険会社と示談交渉や訴訟を行った方がいいとアドバイスされる場合もあることでしょう。いろんな相談ができるので被害者にとっては安心することができます。ただ相談をする際には相談料が発生してしまいます。一般には相談料は30分当たりなど、時間単位で計算がなされます。30分当たり5000円や1万円などの金額になっているところが多いものです。

弁護士には相談するだけでいい場合と訴訟を視野に入れて相談をした方がいい場合があります。特に後遺障害等級が高いケースでは訴訟をした方がいいので、積極的に相談をすることをおすすめします。相談だけでいい場合には初回の相談料が無料の事務所を利用する方法もあります。このサイトでは交通事故被害者の弁護士への相談について説明をしています。実際に被害者になった時のために是非参考にしてみてください。